「幹部らは次々と失禁した」金正恩式ペナルティの残酷な現場

「幹部らは次々と失禁した」金正恩式ペナルティの残酷な現場
金正恩(キム・ジョンウン)氏
       

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日付の論評で、先月発生した海上での韓国人男性射殺事件について、「自衛的措置」だったと主張した。

論評は、同事件を巡って北朝鮮を非難する韓国の野党「国民の力」などに対して反論したものだ。論評はまず、次のように述べて、自国側の「善処」を強調している。

「われわれは西海海上で発生した誰も願わない意外の不祥事によって、北南間の信頼と尊重がこれ以上崩れないようにするために、わが最高指導部の意中を盛り込んで即時に事件のいきさつに対する調査結果を通報してやり、わが方の水域で遺憾な事件が発生したことに対してすまない気持ちも伝えた」

その一方、「南側ではわれわれの善意を冒とくし、同族間に不信と対決を極大化しようとする不敬な行為が日を追って険悪になり、今や度を超えているのでわが軍隊と人民の憂慮と憤激をかき立てている」と反発。

さらに、「南朝鮮全域を襲う悪性ウイルスによっていつよりも緊張し、危険極まりない時期に鋭敏なホットスポット水域で南側の住民をまともに管理、統制できなかったことによって起きた事件である」として、射殺が新型コロナウイルスの侵入を防ぐために必要だったことを示唆。事件の責任は韓国側にあると主張した。

しかし、射殺された男性は武装すらしていない民間人で、漂流物に乗って浮いていただけだ。北朝鮮海軍は、自国への漂着を防ごうと思えばいくらでもできたし、韓国側に「連れて帰れ」と警告することもできた。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュース

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュースをもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日の中国記事

キーワード一覧

  1. 韓国政府 アイドル

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。