【北朝鮮国民インタビュー】「いっそ戦争になれば」バイデン氏当選で広がる懸念

【北朝鮮国民インタビュー】「いっそ戦争になれば」バイデン氏当選で広がる懸念
       

今月3日に行われた米国大統領選挙では、民主党のジョー・バイデン候補が、共和党候補のドナルド・トランプ大統領を下した。まだ、選挙人による投票という手続きが残っているものの、来年1月に、第46代のアメリカ合衆国大統領にバイデン氏が就任することは確実だ。

トランプ氏は、2018年6月と2019年6月の2回にわたって金正恩党委員長と会談を行ったこともあり、北朝鮮国民も今回の米大統領選には並々ならぬ関心を持っていたようだ。

そこでデイリーNKは、首都・平壌と、中国と国境を接する咸鏡北道(ハムギョンブクト)に住む2人の北朝鮮国民と、米大統領選についてのインタビューを行った。

朝鮮労働党機関紙・労働新聞など北朝鮮の国営メディアは、12日の時点でも、選挙やバイデン氏勝利について一切報じていないが、すでに情報は広がっているようで、多くの人が結果について知っていることがわかった。

どちらかと言うとトランプ氏の再選を願う声が多かったが、バイデン氏の当選で、今後の米朝関係の行く先が読めなくなったことに対する不安の声も多いようだ。意外なところでは、女性として初の副大統領に当選したカマラ・ハリス氏への、女性からの期待の声が上がった。

同じ北朝鮮の人でも、住む地域、職業や地位などによって、意見は様々で、この2人の意見が北朝鮮国民を代表するわけではないが、今回のインタビューは、その地域の大体の空気を掴むのに、参考となるだろう。


当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月13日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。