「女性所長をハンマーで処刑」金正恩体制の知られざる闇

韓国のNGO、北朝鮮人権情報センター(NKDB)は9月に発表した「2020北朝鮮人権白書」で、北朝鮮のいくつかの分野では過去と比較して、人権状況に改善が見られると指摘した。

白書は「2000年代以降、北朝鮮の住民の生存権、教育権、健康権が改善されている」としながら、「これは経済・社会・文化的権利に関する規約(国際人権A規約)の分野でかなりの改善が進んでいることを示している」と評価している。

筆者も、金正恩氏に国民の人権状況を改善する意思があるのだと信じたい。しかし実際のところ、北朝鮮当局が目的意識を持って人権状況の改善に取り組んでいるようには見えない。

白書もやはり、「(金正恩政権が誕生した)2010年代は、2000年代に比べて生命権、被疑者と拘禁者の権利、労働権、財産権侵害のレベルが相対的に高く、多く発生した」と、過去10年間の状況を総括。さらに、「特に政権安定、社会秩序と治安維持のための非公開処刑などの割合が増加し、生命権侵害が大幅に増えた」としている。

北朝鮮当局による人権侵害の中でも、特に注目されやすいのが公開処刑だ。大口径の高射銃を使った公開処刑の様子は、衛星写真でも捕捉されている。

だが実は、非公開で行われる処刑にも重大な問題がある。平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋によれば、今年3月、軍人商店の物資供給所の女性所長が、国から供給された物資を横領していたことが判明し、非公開で処刑されたという。軍人商店とは文字通り、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の将兵やその家族だけが利用できる店で、通常の市場価格よりも安く購入できるようになっている。


当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月31日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。