「国家の大嘘に爆発寸前」北朝鮮国民、党大会に大きな不満

北朝鮮の首都・平壌で今月5日から12日まで開催された朝鮮労働党第8回大会で、金正恩党委員長が、総書記のポストに就任した。従来、祖父・金日成主席を「永遠の国家主席」、父・金正日総書記を「永遠の総書記」とし、いずれの肩書も「永久欠番」扱いとなっていた。

その意図を巡っては様々な分析がなされているが、制裁、災害、コロナの三重苦で疲弊しきった北朝鮮国民の関心は、指導者の肩書などよりも生活向上にある。それにもかかわらず、党大会では経済改善に向けた明確な対策が示されず、旧態依然としたスローガンを繰り返すばかりだったことに、各地から不満と失望の声が噴出している。

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋は、住民が、党大会の報道を見て、核とミサイル問題に重点が置かれたことにため息をつき、人民(民生)経済の向上に明確な案が示されなかったことに、もどかしさを感じていると伝えた。

金正恩総書記は5年前の前回大会から「人民生活向上の土台作り」を強調し、国家経済発展5カ年戦略を設定していたが、「掲げた目標をほとんどすべての部門で大きく下回った」とし、経済政策の失敗を認めた。しかし今回も具体的な改善策は示さず、「解決策として自力更生というお話にもならない代案を提示した」(情報筋)ことが失望につながっているようだ。

「1980~1990年代(に頻繁に叫ばれていたスローガン)の自力更生を再び持ち出してきたことを見ると、今年も政府ができることはなにもないということではないか」(情報筋)


当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。