駐北朝鮮ロシア大使、コロナ鎖国下での生活を語る

昨年1月から続く北朝鮮の国境閉鎖と貿易停止。食品や生活必需品の多くを中国からの輸入に頼っている実情を無視したコロナ対策で、国民の生活は疲弊する一方だ。

地方とは比べられないほど生活レベルの高い首都・平壌でも、昨年から食糧配給の遅配が起き始めていたが、最近の様子はいかなるものか。

(参考記事:「金正恩の首都」が飢え始めた…軍の備蓄放出でも足りない食糧) 

ロシアのアレクサンドル・マツェゴラ駐北朝鮮大使は、ロシアのインターファクス通信とのインタビューで、現在の平壌での生活状況について述べている。

コロナ対策の制限下での生活について問う質問に、他の国同様に楽ではないと答えたマツェゴラ氏は、昨年8月末までは防疫委員会の許可を得た重要物資の輸入は行われていたが、台風に襲われた昨年9月以降はそれも遮断されたと述べた。

また、輸入停止は北朝鮮国民、外国人の双方に悪影響を与えており、昨年1月以降、外国人は平壌市外への移動、市内の公園、博物館、プール、公共交通機関の利用を禁じられ、子どもたちは学校にも行けず、大使館の敷地内から出ることすらできないとも述べている。

買い物は指定された300店舗の商店、1カ所の市場に制限されている。当初はそれでも充分だったが、時が経つにつれ、食糧が不足するようになり、パスタ、小麦粉、食用油、砂糖、衣類や靴の購入も難しくなり、価格は国境封鎖前の3~4倍となったという。それでも、飢えに苦しむまでには至っていないと、生活困窮のリアルな現状を明らかにした。また、医薬品は不足していて、万が一の際に、急遽ロシアに帰国することもできないとも述べている。


当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク