妻を襲った夫の「奴隷」たち…北朝鮮社会で最も陰惨な事件

妻を襲った夫の「奴隷」たち…北朝鮮社会で最も陰惨な事件
拡大する(全1枚)
金正恩(キム・ジョンウン)氏

先日、デイリーNKジャパンでも取り上げた北朝鮮で起きた、保衛員(秘密警察)の妻の殺人事件。

暴言、暴行、拷問など恨みを買いやすい立場にある保衛員の妻に対する報復殺人との見方が浮上していたが、犯人が逮捕され、その実像が明らかにありつつある。

容疑者として逮捕されたのは、会寧(フェリョン)市の南門洞(ナムムンドン)に住むキム某(40代)とハン某(30代)という2人の女性だ。北朝鮮では異例の、事件発生からわずか5日後の逮捕だった。

北朝鮮では一般的に、事件の通報を受けてから捜査が始まるまで10日ほどかかる。ひとつの保安署(警察署)には1日に数十件の通報があり、処理が追いついていないからだ。特にコロナ禍で治安の悪化が言われている今はなおさらのことだろう。

だが、今回は被害者が保衛員の妻だという点で、政治的に深刻な事件とみなされ、会寧市安全部(警察署)は通常の3倍の15人を動員して捜査。迅速に容疑者逮捕へと繋がる異例の展開となった。

捜査班が、被害者が殺害された当日に携帯電話で通話した人物を徹底的に洗い出した結果、キムとハンの両者が捜査線上に浮かんだ。取り調べでキムは「ハンと結託して、保衛員の妻を動物園の近くに呼び出して殺害した」と自白した。

実はこの2人、被害者の夫の情報員、つまり手下のスパイであることが判明し、衝撃が広がっている。2人は市場や職場で、体制に都合の悪い噂話や情報を収集して、保衛員に報告する役割を担っていたという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク