「父親より欲望が強い」北朝鮮国民、金正恩氏の行動に衝撃

首領、将軍、元帥。いずれも北朝鮮の歴代の最高指導者の呼称として使われてきた。通常、「首領」「偉大な首領」と言えば、故金日成主席を指す。ところが、最近それに変化が生じつつある。

わが党と革命の偉大な首領でいらっしゃる敬愛する金正恩同志の卓越した思想と指導があるからこそ、党中央の周りに一つの志と意志で固く団結した千万人民の一心団結があるからこそ、われわれは永遠に屈することのない勝利者として、尊厳を轟かせ、社会主義強国の明るい未来を前倒しすることだろう。

これは、朝鮮労働党機関紙・労働新聞が今月8日の1面に掲載した「鍵となる初年の戦闘の決勝戦は遠からず、必勝の信心高く勇気百倍で前進!」という記事の一部だが、「偉大な首領でいらっしゃる敬愛する金正恩同志」と、金正恩総書記に対して首領という呼称を使用している。

このような呼称の変化について、北朝鮮国民はどう考えているのか。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

最近、朝鮮中央テレビや労働新聞が金正恩氏のことを「革命の首領」「人民の首領」などと呼んでいると伝えた平壌の情報筋は、このような呼び方に市民は首を傾げていると、現地の反応を伝えた。

「まだ40代にもなっていない金正恩氏が、自らを祖父金日成氏と同じ地位に立たせたのは、父親の金正日総書記とはあまりにも異なる姿だ」(情報筋)

(関連記事:愛人女優を「ズタズタにして処刑」した父親への金正恩の反感


編集部おすすめ

当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク