「8月から11月に大量死あった」荒れる”金正恩統治”の内幕

北朝鮮は、新型コロナウイルス防疫関連規則や、「韓流取締法」とも呼ばれる「反動的思想・文化排撃法」の違反者を、次々に管理所(政治犯収容所)に送り込んでいる。

デイリーNKの内部情報筋は、昨年から今年にかけて多くの法律が制定され、管理所送りになる人が増えていると証言。

その理由を、「当局は悪性伝染病(新型コロナウイルス)による国境封鎖後、厳重な非常防疫体制を続けているが、そんな状況下で法に違反した人々を政治的に深刻な問題を起こした者とみなしているためだから」と説明した。

(参考記事:「気絶、失禁する人が続出」北朝鮮、軍人虐殺の生々しい場面

北朝鮮は、黄海北道(ファンヘブクト)の平山(ピョンサン)や首都・平壌郊外の勝湖里(スンホリ)、平安北道(ピョンアンブクト)の枇峴(ピヒョン)の3カ所に管理所を新設。また、既存の管理所の規模を拡張するなどし、これらの法律の違反者の多くを収容していると伝えられている。

デイリーNKの調べで、収容者数は今年7月の時点で23万2400人に達し、昨年3月と比べて2万人以上増加している。

情報筋は、平安南道(ピョンアンナムド)の北倉(プクチャン)にある18号管理所には、7月から現時点まで140人が収容されたとし、他の管理所に入れられる人もいると説明した。

コロナ防疫規則や韓流取締法違反以外にも、外国生活を経験した貿易関係者や、人身売買で有罪判決を受けた人々も収容されているとのことだ。コロナによる国内の動揺と思想の緩みを押さえつけるために、恐怖を煽る一環として、今までなら軽い処罰で済まされていたケースでも管理所送りにしているようだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク