「やっぱり我が国は中国がいないとダメ」北朝鮮国民が金正恩に見切り

今月16日、北朝鮮と中国を結ぶ貨物列車の運行が2年ぶりに再開された。昨年1月のコロナ鎖国以降、首都・平壌近郊の南浦(ナムポ)港を通じた貿易が細々と行われてきただけで、北朝鮮国内では深刻な物資不足が続いてきたが、今回の貨物列車運行再開で、その状況が少しでも改善することが予想されている。

ところが、このニュースを耳にした北朝鮮国民の反応は歓迎一辺倒というわけではないという。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

平安北道(ピョンアンブクト)新義州(シニジュ)の情報筋は、貨物列車が運行を再開した、無蓋車と有蓋車に食料品、建築資材、営農資材、医薬品などが積まれているとのニュースが新義州を通じて全国に広がっていると述べた。

この件は子どもも知っていて、皆一様に喜んでいると伝えた情報筋。新義州に出張に来た他地域の幹部も、話を聞いて喜んでいたとし、「やはりわが国(北朝鮮)は中国なしではダメだ」と率直に語っているとのことだ。

「言葉では自力更生しようと言っているが、何をもって自力更生をするのか。幹部も一般住民も、中国なしでは生きていけないことを皆知っている」(情報筋)

(参考記事:「金正恩の犬野郎のせいで人民が餓死」批判の落書きに平壌が騒然

一方で、心配の声を上げる人もいるという。今回の運行再開は、来月16日の光明星節(金正日総書記の生誕記念日)80周年を祝うために、コロナにもかかわらず物資を取り寄せたに過ぎないと考えているというのだ。つまり、運行再開は一時的な措置で、光明星節、または4月15日の太陽節(金日成主席の生誕記念日)が過ぎると、運行がまた止まってしまうのではないか懸念している、ということだろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク