今月10日、韓国で尹錫悦(ユン・ソギョル)新大統領が就任した。就任演説では、北朝鮮が核を放棄すれば、経済と住民の生活の質を画期的に改善できる計画を準備すると述べ、感染が拡大している新型コロナウイルスについても、ワクチン支援の用意があると述べている。

一方の北朝鮮は、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙・朝鮮新報や対韓国宣伝サイトを除き、尹大統領就任について全く報じていない。つまり、北朝鮮の一般国民は、このことを知らされていないのだ。ただ、情報は口コミで広がっている模様だ。

今回デイリーNKは、尹大統領就任について、首都・平壌の中堅幹部Aさん、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の下級幹部Bさん、両江道(リャンガンド)の一般住民Cさんの3人とのインタビューを行った。

Aさん、Bさんとも「核放棄はありえない」と答えたのに対して、Cさんは非核化議論そのものについて疑問を呈し、まずは食糧や医薬品を支援してほしいと述べた。

ー韓国の新大統領が就任したが、ニュースを聞いてまずどんなことを思った?

平壌の中堅幹部(以下A):幹部の間では、尹錫悦という人の学歴や経歴が噂になっていた。平凡な人が大統領になったのだが、国がうまく回るのだろうかと思った。

咸鏡北道の下級幹部(以下B):南朝鮮(韓国)ではある程度、人民の人気を得られれば、誰であろうが大統領になれるのだなと、まず最初に思った。選挙で選ばれれば誰だって大統領になれることについて、本当に驚きだった。(幹部登用には)出身成分(身分)が問われるここ(北朝鮮)とは異なり、先祖が誰であろうとも大統領になれる南朝鮮が羨ましい。さらには、自らの手で大統領を直接選べるところに住んでいる人民が本当に羨ましい。