北朝鮮当局は昨年8月、保健省と首都・平壌を除く各地域の人民委員会(道庁、市役所)に対し、伝染病専門隔離施設を建設するための事前事業に着手せよとの指示を下した。これに基づき、平壌を除く13の道と直轄市に、従前の臨時施設に変わって、専用の隔離施設が建設された。

平壌にだけ施設がないのは、「革命の首都である平壌に、そんな施設を置くわけにはいかない」ということに加え、金正恩総書記を新型コロナウイルスにさらすリスクを最小化するという理由がある。今まで、平壌で起きたコロナ集団感染を疑わせる事態では、患者は市外の隔離施設に移送されている。

(参考記事:金正恩氏が参加「北朝鮮軍事パレード」でクラスター発生

しかし、12日の新型コロナウイルス感染者発生の発表後に、平壌にも隔離施設が建設されたと、現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

設置されたのは市内南西の楽浪(ランラン)区域と、北東の恩情(ウンジョン)区域で、いずれも中心部からはかなりの距離がある。これは、当局の「48時間以内に隔離施設を完成させよ」との指示に基づくもので、建物はプレハブと思われる。

今まで、平壌で発生した発熱患者は、平安南道(ピョンアンナムド)安州(アンジュ)にある施設で隔離を行っていたが、新たな発熱患者は安州ではなく市内の施設に送られているとのことだ。

また、オミクロン株は従来の変異株と比べ死亡率が低いことは北朝鮮でも知られており、オミクロン感染が確定した患者に限って施設に移送し、その家族は、玄関扉に「隔離」と張り紙をした上で、封印する形で隔離を行っている。