北朝鮮で昨年末に行われた朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会で、金正恩総書記は、多くの時間を割いて、農業問題の解決について力説した。その中に、このような一節がある。

低収穫地を改良して沃土に転変させるための闘いを中断することなく力強く展開し、平野地帯や中間地帯、山間地帯を問わず、全般的な農場でヘクタール当たりの収量を高めるための課題を提示した。

この「低収穫地」はもちろん、既に耕作が行われている土地を指すが、生産性の低い土地のみならず、収穫が国の公式統計に捉えられない土地も含まれると考えられる。そんな土地の一種が「副業地」だ。

(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

これは工場や企業所、行政機関などが、従業員に配給するための作物や、原材料となる作物を栽培するための農地を指す。これを「回収せよ」との命令が出されたと、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

朝鮮労働党咸鏡北道委員会(道党)は今月初旬、道内の工場、企業所、機関が所有している副業地について、全数調査を行い、場合によってはある程度回収し、農場に引き渡すとの決定を行った。

元はと言えば道党が、住民の食糧問題解決のためにヒマワリ、ゴマ、大豆など食用油の原料を栽培するために許可を出した副業地である。だが、耕作地を2倍に増やし、二毛作を行って穀物生産量を増やせという国の指示に基づき、どのくらい耕作地を増やせたか報告しなければならないため、副業地の約半分を回収することにしたというのだ。要するに単なる数合わせだ。