最近、北朝鮮で子どもが死亡する事例が増えている。新型コロナウイルスによる感染症、あるいは別の感染症による発熱で亡くなる場合もあるが、それ以外の原因も指摘されている。南浦(ナムポ)のデイリーNK朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内部情報筋が伝えた。

情報筋は、子どもたちが事実上、伝染病の脅威の前で放置されているとして、朝鮮人民軍第3軍団の指揮部の軍人の家族の間では、大人より子どもの死者が多いと伝えた。

その理由として情報筋が挙げたのは、食糧不足による栄養状態の不良だ。

横流しの常態化により、かねてから軍に配給される食糧は不足していたが、そこに昨今の食糧難が重なり、軍官(将校)やその家族といえども満足な食事を取れないのが実情だ。

(参考記事:北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

もうひとつの理由は、薬の副作用だ。

軍団所属のある軍人の2歳の娘は、高熱を出したことから、家族もろとも自宅で隔離されていた。苦しむ娘に軍医は、一般的な解熱鎮痛剤であるアセトアミノフェン4分の1錠を処方した。こちらは、量を調節すれば、4ヶ月以上の乳幼児なら投与が可能だという。

しかし、熱が下がらなかったことから、追加で処方した薬が問題になった。ディメドロン。これは、日本で「ジフェンヒドラミン」と呼ばれる抗ヒスタミン剤、睡眠補助剤で、5歳未満の乳幼児に服用させてはならないことになっている。

量は不明ながら、娘にこのディメドロンの注射薬を注射したところ、翌日の明け方に息を引き取ったという。