北朝鮮の金正恩総書記は15日、新型コロナウイルス対策の非常協議会の場で、医薬品供給が停滞しているとして、幹部らを厳しく叱責した。

このことは、連日国営メディアでも報じられているが、それを見た北朝鮮国民からは、批判的な声が上がっている。金正恩氏は、内閣と保健医療部門の担当者、中央検察所長らを槍玉に挙げたのだが、これが「いつものやり方だ」というものだ。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

金正恩氏は幹部らに対し、「人民に奉仕すると口で言うばかりで、実際はやっていない、政策執行の監視と統制ができておらず、医薬品の取り扱いと販売における否定的な傾向を正せていない」などと批判しているが、これに対する情報筋の反応はこうだ。

「医薬品の供給の問題は昨日、今日の話ではない」

北朝鮮は「社会主義保健医療制度」と称し、すべての国民が医療を無償で受けられると宣伝しているが、現実は全く異なる。1990年代後半の食糧危機「苦難の行軍」に前後して、無償医療制度は崩壊。病院にかかるにもワイロが必要となり、薬は市場で購入しなければならなくなった。

昨今のコロナ感染拡大を受け、治療に必要な薬の価格が高騰。そればかりか、コロナ鎖国により医薬品の輸入がストップした影響で、カネがあっても薬が手に入らない状況となっている。国産の医薬品も原料の多くを輸入に頼っており、品薄になっているのは同じだ。

こんな状況に情報筋は「お上(金正恩氏)は人民生活(の問題)を解決せよと口先で指示を下すばかりで、実務的な対策は立てられていない」とし、「幹部たちが働く条件も用意されていないのに、それっぽい指示ばかり下して叱責ばかりして、それで問題が解決するというのか」と強く批判した。