韓国軍合同参謀本部は25日、北朝鮮が同日午前6時と同37分、同42分ごろ、平壌・順安(スナン)から朝鮮半島東の海上に向け弾道ミサイルを発射したと明らかにした。ICBMの可能性がある。

北朝鮮のミサイル発射は12日に超大型放射砲と推定される短距離弾道ミサイルを発射して以来で、今年に入っては17回目。