北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会が29日、金正恩総書記の指導の下、党中央委員会本部庁舎で協議会を開催し、新型コロナウイルス対策などを討議した。

協議会では国家非常防疫司令部の集計として4月末から5月28日まで累計約344万8880人の発熱患者が発生したと報告された。

数字は大きいが、今のところ、新型コロナの拡散によって金正恩体制が揺らぐような事態にはなっていないと見られる。協議会でも、94.602%に当たる約326万2700人が全快したとして、感染拡大が抑え込まれている状況が示唆された。

しかし本物の危機は、時間をおいてやってくるかもしれない。

北朝鮮では例年と同様に、今年も5月から都市住民などを一斉に動員して農場に送り込む「田植え戦闘」が始まっている。しかし、コロナ対策として移動禁止令を出したために、田植えをする人手が足りないと、平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

地域間移動が完全に禁止され、市や郡の境界線外への動員が中断されたことで、農場は完全に当てが外れてしまった。結局、農場の人員だけで田植えをするしかない状況となっている。

今月初めに、黄海南道(ファンヘナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えたところによると、都市部から労働者や学生らを動員したとしても、必要な人手の1割にも満たない。現在では動員が一切できなくなってしまったことから、ただでさえ足りない人手が、さらに足りなくなっているという。