北朝鮮国営の朝鮮中央通信は29日、同日開催された朝鮮労働党中央委員会政治局協議会で新型コロナウイルス対策が話し合われ、「全国的範囲で伝染病の拡散状況が統制、改善されていることについて肯定的に評価し、防疫の初期に積んだ経験をより強固にし、防疫戦況を引き続き安定、向上させていくための問題を討議した」と伝えた。

これを受け、韓国の主要メディアは平壌の封鎖が解除されたとする中国消息筋の情報も交え、北朝鮮が近く、新型コロナ対策の都市封鎖を解除するのではないかとする見方を報じた。

実際にどうなるかは今後の推移を見守るしかないが、あまりに厳しい封鎖を長期にわたり続けるわけにはいかない事情が、現地にはあるようだ。

北朝鮮は、国内で新型コロナ感染者が発生したことを認めた2日後の14日、全国に対して封鎖令(ロックダウン)を敷いた。一切の外出が禁じられ、市場の営業も停止させられた。

北部の両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)でも14日から無期限のロックダウンに入ったが、現地のデイリーNK内部情報筋によると、封鎖はわずか10日で解除されてしまったという。

恵山市内ではコロナ防疫封鎖が少し緩和されたと述べた情報筋は、24日からは外出が許され、町内なら出歩くこともできて、近隣の売台(露天商)でちょっとした商品も購入できるようになったとも伝えた。

14日から23日までは、国の方針にしたがって一切の外出が禁止されたが、高熱に苦しむ人は薬も買いに行けず、あらかじめ食べ物の備蓄がなかった人は飢えに苦しむこととなった。