【尼崎連続変死】公判で明らかになった新たな暴力「美代子はモノマネ強要させていた」

       

 2011年11月に兵庫県尼崎市の倉庫で女性の遺体が見つかったことがキッカケで発覚した『尼崎連続変死事件』。主犯格とされる角田美代子元被告(64=当時)を中心とした集団に複数の家族が長期間虐待を受け、死亡するなどの事態が明らかとなった。しかし美代子元被告は逮捕後、留置場で自殺。以降は主犯が不在のまま関係者らの公判が神戸地方裁判所で開かれている。  

 9月16日には、美代子元被告の内縁の夫である鄭頼太郎(65)、義妹の角田三枝子(62)、長男の健太郎(33)の3被告に対する裁判員裁判の判決が101号法廷で開かれ、ともに懲役21年が言い渡されたが、8月から続いている美代子元被告の義理のいとこ、李正則被告(41)についての裁判員裁判も行われており、17日まで201号法廷で被告人質問が続けられた。

劣悪な環境の中で排泄制限も

 李被告は男女5人に対する殺人や傷害致死など計10の罪に問われているが、この大半を否認している。複雑な事案であるためか、裁判は被害者ごとに事件が分けられ、中間論告を挟みながら続けられており、この期間は、仲島茉莉子さん(26=当時)と安藤みつゑさん(67=同)に関する事件についての審理。中間論告までが行われたが、被告人質問では茉莉子さん事件についての、凄惨な虐待内容が公にされた。  

 茉莉子さんは、美代子ファミリーが住んでいた尼崎市のマンションのベランダにある物置に、5カ月にわたり監禁され、2008年12月に死亡したのだが、監禁は劣悪な環境の中『食事制限』『排泄制限』も加え、続けられていたという。


当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年9月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。