川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

川島なお美にスティーブ・ジョブズ…がん患者が最後にすがる民間療法の闇

 9月24日、女の川島なお美が54歳の若さで亡くなった。川島なお美が人間ドックによって小さな腫瘍を見つけたのが2013年の8月。2014年1月28日、12時間にわたる胆管がんの腹腔鏡手術を受け、胆のうを摘出した。その後、川島なお美は自身が実践している民間療法について、ブログで紹介してきた。

 2014年3月27日のブログには、

「素晴らしい民間療法との出会いがありました」

 というコメントともに、安易に外科手術や抗がん剤を薦める医師に辟易してきたことも記されていた。腫瘍発見から手術までに期間が空いたのも、納得のいく医師を見つけられなかったからとしている。

抗がん剤は使わずに貫いた「女優道」

 7月5日のブログには、自身のがんは「完治した」とし、川島は抗がん剤を使わないことと民間療法を紹介していた。その内容は、食事のほかに免疫力アップのためのビタミンC濃縮点滴、電磁波による邪気を取り除くといったものだった。

 後日の報道で、川島さんのがんは寛解していなかったことが判明しているが、体にメスを入れたり、抗がん剤の副作用とされる髪の毛等の脱毛もなく、最後まで「女優・川島なお美」を貫き続けたことは明らかだ。

 川島は9月7日、シャンパンの宣伝のために夫のパティシエ・鎧塚俊彦氏(49)と記者発表に登場した。司会者から体調について聞かれ、

「邪気を払ったり、体を温めたりして治療をしてます」

 とハリのある声で答えていた。「激やせ」と報じられたこの日の会見から10日後、出演していた舞台「パルレ」を降板。その1週間後に、川島さんは早すぎる死を遂げてしまった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2015年9月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「田中哲司」のニュース

次に読みたい関連記事「田中哲司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎麻世」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎麻世」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋英樹」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋英樹」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。