【地方創生】成功のカギは「地域」ではなく「住民」にあり

 地方創生が叫ばれて久しいが、地方における活況はその明暗が徐々に分かれつつある。奈良県は国内有数の歴史と伝統を誇り、その深さは京都と並ぶ程の潤沢さを誇る。しかし、これが観光となると話しは別だ。

 実は年間における観光宿泊客数は、全国ワースト3位に入り、隣りの京都と比べると、その数まさに五分の一以下。京都と奈良では、なぜこれだけの差が出てしまうのだろうか。

 実は街おこしを進める上で、一番大事な要素は「住民の意欲」、つまりモチベーションにあると言われる。「そんなこと当たり前じゃないか」と思う方も多いと思うが、実はこれが当たり前に見えて実に難しい。なぜなら、そのモチベーションには変化を伴う決意が試されるからだ。

 奈良ではよくこの宿泊客の少なさを尋ねると、京都や大阪に比べると「食が弱いからではないか」という話を聞く。確かにそういった点もあるかもしれないが、実はそれだけでは奈良に観光客が宿泊しないという理由にはあたらない。

 なぜなら旅の基本は「食」よりもまずその土地の魅力に負うからである。史跡や宿などのスポットをはじめ、特定のイベントなどがまさにそれにあたる。

 その点、奈良には豊富な観光資源がある。夜の東大寺などは非常に幻想的で古の都を堪能するには十分だし、自然と文化の調和は京都とはまた違った趣があるのも事実だ。しかし、それが宿泊に結びつかないのは実はもっと単純な話があるからである。そう、宿泊しようにもその宿がないのだ。それは地元の住人も認めるところでもある。


当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク