中国政府の過激化する”言論弾圧”を日本の大手メディアが報道しないワケ

中国政府の過激化する”言論弾圧”を日本の大手メディアが報道しないワケ
拡大する(全2枚)

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2015年12月14日、中国の著名な人権派弁護士、浦志強の初公判が行われました。人権派弁護士とは、政府からの横暴に対する民衆の擁護、反体制的な市民団体やアーティストに対する支援など、中国の民主化を推進する弁護士たちの総称です。

 浦弁護士は、かつて中国で「六四天安門事件」が発生した際、ハンガーストライキ(デモの手法、飲食を断つことにより相手側に意思を伝える)を決行した実績があるため、以前より中国政府から危険視されている人物です。

民主主義の使者・浦志強弁護士

 弁護士としての実績をあげると、「労働再教育制度」(中国政府から反乱分子とみなされた人物に強制労働を行わせる制度)の撤廃推進、農村部に戸籍を持つ子供が都市部の学校に進学することを許可する法律の立案、実名によるネット上での中国政府の元高官・周永康の不正問題の糾弾、娘が政府の役人に強姦された疑惑のある女性の弁護など多岐にわたり、まさに中国における「民主主義の使者」といえる人物です。

 このような人物を独裁的な中国政府が放置しておくはずはありません。2014年ごろから、中国当局は国内の人権派弁護士たちを次々と拘束・逮捕し、その中には浦弁護士も含まれていたのです。彼の逮捕の理由は、中国のSNS「微博」に中国政府を批判する内容の書き込みを行ったというものでした。実際に浦弁護士の書き込みを見てみると、

「中共はウイグル自治区を完全な植民地として扱っている。これは実に荒唐無稽な国策だ。仮に中共が自治区に対し侵略行為を行い、その結果ウイグル人たちが報復攻撃を行ったとしても、ウイグル人たちは一方的に弾圧されるだろう」


この記事の画像

「中国政府の過激化する”言論弾圧”を日本の大手メディアが報道しないワケ」の画像1 「中国政府の過激化する”言論弾圧”を日本の大手メディアが報道しないワケ」の画像2

当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月28日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。