日本への領海空侵犯は年間800回以上も? 非公開”スクランブル発進”の衝撃

日本への領海空侵犯は年間800回以上も? 非公開”スクランブル発進”の衝撃

 2015年は安保法案が可決・成立した。これによりわが国の防衛は、平時から有事まで想定されるありとあらゆる危機に切れ目なく対処できることが期待されている。

 この新しい安保法により、集団的自衛権の限定的行使ほか、放置しておくと武力攻撃の恐れがあるなど日本の平和と安全に重要な影響を与える状況に陥った場合、解決するため「駆けつけ警護」も可能となった。これには国際平和支援における外国軍への後方支援、遠く離れた場所にいる他国軍の兵士、国連や民間NGO職員らが武装集団に襲われた場合などが想定される。

 だが、わが国への安全保障の脅威は、中国とロシアといった脅威から新安保法成立以前も以降も晒され続けているという。防衛省海上幕僚監部に勤務する1等海佐が語る。

2013年の領空侵犯810回…中国とロシアの脅威

「ここ5年間でみるとわが国領空侵犯への対処、緊急発進実施(スクランブル)の回数は、2010年度は386回でした。以降、2011年度は425回、2012年度は567回、2013年度は810回、そして2014年度は第3四半期までで744回です。これだけの領空侵犯をされている現実を、多くの方がご存じない」

 わが国への領空侵犯を行っているのは中国とロシアだ。その割合は中国50%、ロシア49%だという。残りの1%はどこなのか。前出の1海佐が続けて語る。

「北朝鮮と思われます。ただし北朝鮮機は偵察に来たかどうかはやや怪しいところもある。何らかの事情で集団からはぐれてしまい、結果的に日本の領空を侵犯した可能性が高い。脅威といえばそうかもしれない。でもわが国の安全を揺るがすほどのものではない」


当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月4日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。