小保方晴子氏が理研に宣戦布告...告白本に出版関係者「大きな論理破綻ない」

小保方晴子氏が理研に宣戦布告...告白本に出版関係者「大きな論理破綻ない」

 日本の科学界を大混乱に陥れた「リケジョの星」がついに沈黙を破った。STAP細胞をめぐる論文の不正が認定された元理化学研究所研究員の小保方晴子氏(32)が手記「あの日」(講談社)を1月28日、発売したのだ。

 手記は全253ページ。小保方氏が科学者を志すようになった幼少期のエピソードから自身の半生を振り返っている。同著を読み終えた出版関係者が語る。

「文章もよく練られており、大きな論理の破綻もみられない。学生時代に作文で賞を取ったらだけのことはあります。ただ、自分の未熟さや論文の不備は認める一方で、主張は変えていない。言葉遣い使いは丁寧ながらも、理研やかつての研究パートナーに完全に喧嘩を売っている内容です。これは小保方さんの宣戦布告と受け取っていいでしょう」

「私は業火に焼かれ続ける無機物になった」

 冒頭から、懺悔のオンパレードだ。

「自分が生まれた日さえも、呪われた日のように思います」
「重すぎる責任に堪え兼ね、死んでこの現状から逃れられたら」

 と騒動を引き起こしたことへの謝罪を繰り返す小保方氏。ただ、論文の不正が認定され、博士論文も取り消されるなど、一連の騒動の批判が集中する状況に追い込まれたことへの恨み節も並べている。

 騒動の渦中で、

「他の研究者たちも公に私個人に対する批判を述べることが社会的に許される風潮が作り上げられた」

 と指摘。世間からのバッシングを受けて辞表の意思を理研に伝えたときには、理研の理事から「そんな簡単に辞めるべきではない」とストップがかかったとし、


当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「小保方晴子」に関する記事

「小保方晴子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小保方晴子」の記事

次に読みたい「小保方晴子」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月28日の社会記事

キーワード一覧

  1. 小保方晴子 STAP細胞
  2. 小保方晴子 グラビア
  3. 小保方晴子 笹井芳樹

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。