”糖質制限ダイエット”第一人者の訃報に歓喜する「過激ヴィーガン」の大暴走

”糖質制限ダイエット”第一人者の訃報に歓喜する「過激ヴィーガン」の大暴走
拡大する(全1枚)

糖質制限ダイエット」の第一人者として知られたノンフィクション作家の桐山秀樹氏が2月6日に心不全によって61歳で急死したことが波紋を呼んでいる。死因との因果関係は否定されたが、極端な糖質制限の「危険性」をめぐる議論が巻き起こっているのだ。さらに、肉食を否定する一部のヴィーガン(完全菜食主義者)が過激な言動を繰り広げるなど場外乱闘にまで発展している。

■糖質制限ダイエットはやはり危険だった?

「糖質制限」はご飯やパン、麺類、ジャガイモなど炭水化物(糖質)の多い食品を極力避けることで糖尿病やメタボリック症候群が改善するという食事法。その代わり、肉や魚、野菜など炭水化物以外の食品はいくら食べてもいい。

 桐山氏は2010年に糖質制限ダイエットで87キロあった体重を67キロまで減量し、さらには糖尿病が劇的に改善したと報告。糖尿病を患う仲間たちとともに綴った著書「おやじダイエット部」シリーズが大ヒットし、糖質制限ダイエットが流行するきっかけとなった。

 その一方、2013年に日本糖尿病学会が「カロリーを制限せずに炭水化物のみを極端に制限することは、安全性を担保する科学的根拠が不足している」と指摘。ネット上でも「3ヶ月で10キロ痩せた」「メタボから脱出した」などと成果を喜ぶ声がある反面、「長くやってると体調がおかしくなる」「病院で脳梗塞の一歩手前と診断された」という経験談があった。

 桐山氏は2月5日朝に仕事場がある神戸市のマンションを出発し、翌日朝に東京都内のホテルの室内で亡くなっていた。死因は「心不全」で糖質制限とは無関係とされているが、やり方によっては心臓疾患のリスクを増大させるとの意見も。糖質制限は食事が動物性食品に偏りやすく、脂質の過剰摂取で動脈や血圧に悪影響を及ぼすとの見方があるためだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク