【プロ野球】震災に涙…ロッテ伊東監督を育んだ熊本の少年時代

【プロ野球】震災に涙…ロッテ伊東監督を育んだ熊本の少年時代

「自分がそこに行けない悔しさ……」

 言葉を詰まらせ、涙ぐむロッテ・伊東勤監督の姿があった。

 熊本県を中心に甚大な被害をたらした今回の震災。断続的な余震の影響もあって公式戦の中止も相次いだ。一方で、試合前に募金活動を行うなど、野球界の中での復興支援の動きも進んでいる。熊本県は野球どころだけに、家族や友人が被災した、という球界関係者も多い。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■名捕手・伊東勤の原点は熊本の大自然

 その1人が伊東監督だ。熊本市内の実家は震度7を観測した益城町から車で約30分の距離。家族は全員無事だったが、家の中には入れない状態だという。そんな故郷をおもんぱかり、「せめて今できることを」と率先して募金活動に参加。その際に出たやるせない思いが冒頭の言葉だった。

 伊東監督は1962年、熊本県熊本市出身。地元・熊本工高3年時には甲子園出場も果たし、地元のヒーローとなった。その活躍の原点にあったのが、熊本の自然で遊び、学んだ少年時代だったことを自著『勝負師』で綴っている。だからこそ、熊本の大地で起きている未曾有の災害に絶句してしまうのではないだろうか。

 伊東監督の思いを少しでも理解すべく、自著『勝負師』から、熊本で過ごした少年時代の様子を振り返りたい。

《少年時代の私は“野生児”という表現がぴったりと当てはまるような遊び方をしていました。(中略)クワガタは毒ヘビやクマバチを避けながら、命懸けで捕っていました。危険を早めに察知することも自然から学びました。野球以外に習い事は一切やりませんでした。まさに自然が“先生”だったのです》(伊東勤『勝負師』より)


あわせて読みたい

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2016年4月22日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。