原作ファンからは悲鳴?実写映画『テラフォーマーズ』の評価が二分

原作ファンからは悲鳴?実写映画『テラフォーマーズ』の評価が二分
       

 実写映画『テラフォーマーズ』が4月29日に公開された。映画を見た観客が映画レビューサイトに続々と感想をつづっている中、実写映画『進撃の巨人』シリーズと同じく最低評価と最高評価が多い状況になっている。また劇中で続編を予感させるセリフが展開されたことで、原作ファンが悲鳴を上げている。

■最低と最高の評価…どっちが正しい?

 主演・小町小吉(こまち・しょうきち)の伊藤英明(40)を筆頭に、武井咲(22)や小栗旬(33)、ケイン・コスギ(41)、山田孝之(32)ら豪華な俳優陣が揃った『テラフォーマーズ』。映画評論家や試写イベントの観客の評判が低い本作だが、全国で公開がスタートして各種レビューサイトに続々と感想の声が集まってきている。

 特徴的な傾向は、最低評価が最も多く、その次に最高評価が多いこと。前評判通り、「観客を馬鹿にするな」「この監督の名前は生涯忘れないと思う。悪い意味で」と失望感や怒りをぶちまける非難が出ている一方、「映像が凄かった」「最後まで楽しめた」と絶賛する擁護もあり、評価が真っ二つになっているのだ。そして、その間の一定程度の評価が少ないという、奇妙な事態になっている。

 昨年夏に公開された『進撃の巨人』シリーズでも似た現象が起きた。このときは「無料チケットが配布され、高評価レビューをお願いされた」というウワサが流れていた。

「"PR工作"も疑われていますが、チラホラ見受けられるのは、家族連れで見に行った方のレビューです。あの害虫の描写やバトルシーンのエグさは抑え目で、まがいなりにも日本の"最新CG技術"を駆使しています。また"進化したあの害虫と戦う"という設定自体は、原作を知らずに観れば新鮮な要素。GWの家族連れを狙ったライトな娯楽映画に仕上げたと解釈することもできるでしょう。ただし、それは本気の作品作りを放棄した原作ファンへの裏切り行為であり、低評価が多いことに変わりはありませんが」(報道関係者)


当時の記事を読む

伊藤英明のプロフィールを見る
デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「伊藤英明」に関する記事

「伊藤英明」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「伊藤英明」の記事

次に読みたい「伊藤英明」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年5月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 伊藤英明 ドラマ
  2. 伊藤英明 映画
  3. 伊藤英明 筋肉

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。