みのもんた&和田アキ子、ネット進出で明暗分けた”二人の違い”

みのもんた&和田アキ子、ネット進出で明暗分けた”二人の違い”

 今年4月にTwitterデビューするも2回目の投稿で大炎上するという「炎上最速記録」を達成してしまったタレント・みのもんた(71)。同月からテレビ朝日系のインターネット放送局「AbemaTV」で生報道番組の司会に就任し、いずれは地上波キャスター復帰を狙っているようだが、世間の反応は厳しい。特にネット上での嫌われぶりがハンパではないが、なぜここまで拒絶されているのだろうか。

■ネット進出で大炎上…和田アキ子と明暗

 みのは4月20日の熊本地震に関して「自衛隊きちんとして欲しいね。あと、過去の震災、阪神淡路、もっと遡れば関東大震災の教訓を活かせてないでしょ?」などとツイート。これに「自衛隊は必死にやっている」と批判が殺到し、みのは「激励のつもりだった」としながらも言葉足らずを認めて謝罪した。

 だが、前述のネット番組では「人を誹謗中傷することに(Twitterを)使ったらダメ」と、チクリと反撃。これにも「反省してない」などと批判が集中し、ネット上で発言するたびに反発を生んでいる。

 一方、昨年9月にツイッターを開始した和田アキ子(66)も当初は炎上が確実視されていた。ところが、絵文字満載で「初めての写メ会に今からドキドキ!雨も止むか心配…お天気になるといいなぁ」といった可愛らしい文体が「アイドルのようだ」と評判に。最近は飽きたのか投稿が減ったが、者層からの好感度がアップしている。

 フォロワー数でも和田は開始数時間で1万人超えを達成し、今では6万人以上を抱える人気アカウントに。みのは開始から2週間経った現在でも8千人ほどで支持の低さが浮き彫りになっている。二人は「大御所」「ネットの嫌われ者」という共通点があったが、SNS進出では明暗がクッキリ分かれた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. みのもんた 次男
みのもんたのプロフィールを見る
デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2016年5月4日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「みのもんた + 次男」のおすすめ記事

「みのもんた + 次男」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「デヴィ・スカルノ」のニュース

次に読みたい関連記事「デヴィ・スカルノ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デーブ・スペクター」のニュース

次に読みたい関連記事「デーブ・スペクター」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。