【プロ野球】巨人・菅野智之の勝負強さを歴代名投手と徹底比較

【プロ野球】巨人・菅野智之の勝負強さを歴代名投手と徹底比較

 菅野智之が〝覚醒〟している。

 4年目の今季、4勝負けなしで防御率は0.79。7試合に登板、失点はわずか6という安定ぶり(5月7日時点)だ。菅野の登板試合は「1点取れば負けない」状況で、過去3年の平均登板数25試合に換算した場合、16勝が見込める計算になる。打線の援護次第では20勝も夢ではないペースだ。

 投球が安定した上に打撃も好調ときている。過去3年の安打数は15本だったが、今季は既に7安打。打率4割を超える「恐怖の9番打者」でもある。

 デビュー年に13勝を挙げながら、新人王は16勝を挙げた小川泰弘に奪われた。その後も話題性の多い藤浪晋太郎や大谷翔平の陰に隠れていたが、その後の安定ぶりをみると、まさに「日本のエース」と言っても過言ではない存在に成長している。

■歴代名投手にヒケを取らない投球内容

 菅野はプロ2年目にMVPに輝いたが、2リーグ制以降、プロ2年以内でMVPに輝いた投手は以下の6人しかいない。

<2リーグ制以降、プロ2年以内でMVPに輝いた投手>
・稲尾和久 (1957年 2年目・19歳)通算276勝
・藤田元司 (1958年 2年目・24歳)通算119勝
・杉浦 忠 (1959年 2年目・24歳)通算187勝
・木田 勇 (1980年 1年目・26歳)通算 60勝
・野茂英雄 (1990年 1年目・22歳)通算 201勝
・佐々岡真司(1991年 2年目・24歳)通算 138勝

 2年目以降尻すぼみとなった木田以外はすべて名投手として球史に名を残している。26歳を迎えた今季の菅野は、順調に名投手への階段を歩んでいると言えるだろう。


あわせて読みたい

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2016年5月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。