リングと呪怨の2大キャラが激突!映画『貞子vs伽椰子』を徹底分析

リングと呪怨の2大キャラが激突!映画『貞子vs伽椰子』を徹底分析

 6月18日に公開開始した白石晃士監督(43)の最新作『貞子vs伽椰子』。『リング』の貞子と『呪怨』の伽椰子が激突します。かつてはエイプリルフールネタにも使われた程の出オチ感溢れるタイトルですが、実際にお披露目されたそれは、過去作への丁寧なリスペクト、美しすぎる論理展開、感動すら覚えるラストを備えた、至高のホラーエンタテイメント作でした。

 僕が特に評価したいのは、この作品が確かに『リング』であり『呪怨』でありながら、それ以上に、明確に白石晃士の作品であったということです。過去作へのリスペクトを踏まえながらも、決して呑まれることなく凄まじいオリジナリティを発揮しており、監督の職人気質と作家性が高いレベルで調和しているのです。

 以下、ネタバレを含むレビューとなります。

■過去作への「最大限」のリスペクト

 まずはこの点を押さえておく必要があるでしょう。この作品はきちんと『リング』であり『呪怨』です。

 冒頭のシーン、役所の人が家を訪れ、住民である老人の身を案じて家の中に入っていくシーンは、まさに「呪いの家に善意で入ってしまう」呪怨の導入部であり、見ていて「あ、呪怨だ」と感じます。

 しかし、死体で見つかった老人の死因は『呪怨』の伽椰子によるものではなく、呪いのビデオテープを起因とする貞子によるもの。呪怨の演出を用いながら、貞子の呪いを見せる冒頭シーンは、まさに『貞子vs伽椰子』のタイトルの具現化です。


あわせて読みたい

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2016年6月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。