高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率
拡大する(全1枚)

 元俳優の高知東生容疑者(51)が、覚せい剤取締法と大麻取締法の違反(所持)容疑で逮捕された。高知容疑者は2015年、妻で女優の高島礼子(51)の父親の介護を理由に芸能界を引退。久しぶりに名前を聞いたと思ったら、この逮捕劇である。

「一緒に薬物を使用していた女性との“シャブ不倫”も発覚し、高島は会見で離婚の可能性を否定しなかった。捨てられて当然のことをやらかしたわけですが、情が深い高島が更正をサポートする可能性もゼロではない」(芸能記者)

 元プロ野球選手の清原和博氏(48)や元NHK歌のお兄さん・杉田あきひろ(49)と、有名人の薬物逮捕の報道が2016年も絶えない。高知に関しては、押収された薬物の種類の多さ、特に覚せい剤は100回分以上とされる4グラムを所持していたことから、中毒性の高さも指摘されている。執行猶予付き判決で出てきても、再び手を染めかねない。

 参考になるのは、かつて違法薬物所持で逮捕された芸能人のその後だろう。ここでは、彼らの異常なる再犯率の高さに改めて驚いてしまう。

■清水健太郎(63)

 薬物事犯といえば、横綱級の存在感を放つのが清水健太郎だ。大麻、覚せい剤、合成麻薬の使用で過去に6度逮捕されている。交通死亡事故やひき逃げでも逮捕歴があり、2013年には脱法ハーブ使用による入院歴も。現在は歌手として活動を再開している。

■田代まさし(59)

 タレントの田代まさしは、覚せい剤取締法違反で4度逮捕されている。1991年に初めて覚せい剤を使用したことを著書で告白している。なお、田代は薬物のほかに、銃刀法違反や男性宅の風呂を覗いた容疑でも逮捕歴がある。


当時の記事を読む

高島礼子のプロフィールを見る
デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高島礼子」に関する記事

「高島礼子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高島礼子」の記事

次に読みたい「高島礼子」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク