親日思想が原因で破局?中国の若者に蔓延する歪んだ”愛国思想”

親日思想が原因で破局?中国の若者に蔓延する歪んだ”愛国思想”

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2016年7月、中国のSNSに投稿された一つの相談は国内で大きな反響を呼びました。内容は「愛国主義者」の女性が彼氏と結婚できるかというものです。

■大の日本びいきの彼氏と反日主義者の彼女

 投稿者は20代前半の女性で、中国では彼女のような1990年代以降に生まれた若い世代は、「未熟な共産主義者」=「完全に赤く染まっていない」という意味で「小粉紅」(ピンクちゃん)という愛称で呼ばれます。小粉紅はインターネットの影響を受け、五毛党(中共政府を肯定する意見を書き連ねて収入を得るネットユーザー)が多いのですが、投稿者もその内の一人と推測されます。

 投稿内容を読むと、現在女性は高校時代に出会った同年齢の男性と交際しているのですが、ひんぱんに日本に旅行に出かけるなど男性の家族は大の日本びいきであるそうです。しかし愛国思想に染まった女性は同時に反日主義者であり、彼と結婚した後は親日という「洗脳」を解くつもりです。女性は互いに愛し合っているため結婚しても問題はないと語っていましたが、大半の返答は別れることを推奨したものでした。

 返答は、「早く別れろ! 五毛党の相手は五毛党だけだ!」、「独裁者の子飼いと民主主義者は一緒に生活できない」、「五毛党と結婚したら三代目まで不幸になる」、「今は恋人がいないが、五毛党や共産党員は恋愛対象外だ」と、イデオロギーが正反対の人物同士が成功するはずはないという意見が多数を占めていました。またこれらの意見を読めばわかるように、多くの人々は男性の親日思想を否定せず、五毛党の排他的な愛国思想を批判しているのです。

...続きを読む

あわせて読みたい

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2016年7月22日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。