【プロ野球】サブロー(ロッテ)が節目の40歳で引退……。“ロッテの顔”が残した功績を振り返る

【プロ野球】サブロー(ロッテ)が節目の40歳で引退……。“ロッテの顔”が残した功績を振り返る

 9月1日、ロッテのベテラン・サブロー(本名・大村三郎)が会見を行い、今季限りの現役引退を報道陣の前に報告した。以前、「40歳まで現役でプレーしたい」と語っていたサブローだったが、その言葉通りに40歳で引退することになった。

 22年間の現役生活で、2005年、2010年と2度の日本一に主力として貢献。その現役生活をあらためて振り返る。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■ドラフト1位で入団。背番号は「36(サブロー)」

 1994年、PL学園の3年時に俊足巧打の1番打者としてセンバツでベスト4に。夏は3番に座り2年生の4番・福留孝介(阪神)と中軸を形成するも、大阪大会準々決勝で近大付に延長10回のサヨナラ負け。春夏連続の甲子園出場はならなかった。それでも、そのプレーはプロのスカウトの目に留まり、秋のドラフト会議ではロッテからドラフト1位指名を受けた。

 ちょうど1994年は、オリックスの鈴木一朗が登録名を「イチロー」に変え、シーズン210安打を放ち、一気にスター選手の仲間入りを果たした年だった。そのイチローにあやかって登録名を「サブロー」に。さらに背番号も語呂合わせで「36」とするなど大きな期待を担って入団する。

 新入団会見では当日不在だったバレンタイン新監督に対して、英語でスピーチしたことも話題を呼んだ。

■「つなぎの4番」として31年ぶりの日本一に

あわせて読みたい

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2016年9月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。