ガセネタ続出の豊洲新市場で地区住民への風評被害が加速|やまもといちろうコラム

ガセネタ続出の豊洲新市場で地区住民への風評被害が加速|やまもといちろうコラム

 山本一郎(やまもといちろう)です。千代田区在住です。

 先日から、例の豊洲新市場の地下ピットが「謎の空洞」とされ、そこに大規模建造物であれば当然発生するであろう水分が強アルカリ性だなどと共産党に馬鹿ネタ流されるというトラブルがありました。

 その中核には、立地であった「東京ガス工場跡地」という問題があるわけですが、どうしてもシアン化合物やベンゼンといった汚染物質が残留しているという課題があります。これを、豊洲新市場にするにあたり、土壌汚染を4.5m掘り下げて綺麗な土に入れ替える改修を行うことで、無害化したはずが、いまだに豊洲は汚染されているという報道が繰り返されているわけですね。

豊洲市場について
盛大にガセネタを乱舞させていた森山高至さんが東京都専門委員に就任のお知らせ(追記あり)

 あまりにもガセネタが飛び交い過ぎていたので、個人的には早いところ終息してもらいたいところなんですけど、ひっそりと風評被害の対象となっているのが豊洲地区に立っているマンションなどの住民であります。

 平たく言えば、東京湾周辺の湾岸地域は、首都圏人口3000万人が暮らす最終地点であり、古くは汽車基地があり、ガス工場もあった地域で汚染が出ないはずがありません。東京湾全域の汚染は、それこそ1960年代からの高度成長とともに加速する形で広がってしまったのは致し方のないことです。

■豊洲は危ないという風評被害

 そのうえで、豊洲イコール汚染というワードだけが広がっていけば、当然豊洲は危ないという風評被害を呼ぶことになります。実際には、豊洲の汚染は述べた通り土壌汚染を掘り下げ処理されているわけですけれども、その処理自体は、東京ガス工場跡地のみ、すなわち、豊洲新市場の地下だけです。必ずしも、豊洲全域の問題ではないのです。


当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。