身長差が痛々しい?”月9”山田涼介「カインとアベル」大惨敗の要因

身長差が痛々しい?”月9”山田涼介「カインとアベル」大惨敗の要因

 10月17日に放送された月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)の初回放送が、平均視聴率8.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。同枠の初回最低視聴率を更新した他、視聴者から多くの批判が噴出するなど前途多難な船出となった。

■山田の低身長、ミスキャスト「CMの方が面白い」

 放送終了直後から「最低視聴率更新するかも」と騒がれていた『カインとアベル』。視聴者の予想どおり、翌日朝に発表された視聴率は8.8%を記録。2015年7月に放送された『恋仲』(フジテレビ系)の9.8%を下回る数字を叩き出した。

 15分拡大の初回放送では、ストーリーの序章が明らかに。主人公の高田優(Hey! Say! JUMP・山田涼介・23)は、矢作梓(倉科カナ・28)らとともにアウトレットモール開発のプロジェクトチームのメンバー入り。一方で優は、兄であり副社長の隆一(桐谷健太・36)、父親であり社長の貴行(高嶋政伸・49)に対して愛憎入り混じる感情の断片を見せていく。

 ネット掲示板やSNSでまず話題になったのが、山田と桐谷の身長差だ。桐谷は181cm、山田は164cmと17cmの差がある。食卓で横並びになると、まるで中学生と大人のような身長差で痛々しく、年齢以上の差を感じさせた。またプロジェクトチームのメンバーが全員集合している際は、メインキャストであるにもかかわらず、山田は倉科とともに後方へ。

「遠近感を利用して、山田が少しでも小さく見えないように工夫していた模様。他にも、山田が171cmの同僚(山崎紘菜・22)に『デカ女』と悪態をついているが、山田の身長が低すぎるだけ。山田の低身長が演出に制限を与えている。父親役の高嶋も180cmと高身長ですから、山田と桐谷は異母兄弟、あるいは異父兄弟だ……なんて見え透いた展開が待っているかもしれない」(報道関係者)

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山田涼介 CM
  2. 山田涼介 ドラマ
  3. 山田涼介 新曲
デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2016年10月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山田涼介 + CM」のおすすめ記事

「山田涼介 + CM」のおすすめ記事をもっと見る

「山田涼介 + ドラマ」のおすすめ記事

「山田涼介 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュース

次に読みたい関連記事「亀梨和也」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。