本命・紗栄子を抑えたのは?2017年消えそうな”ママタレ”ランキング

本命・紗栄子を抑えたのは?2017年消えそうな”ママタレ”ランキング
       

 コンプライアンスが声高に叫ばれる中、テレビ業界においては、過激な演出のお笑い番組よりも、お茶の間で安心して楽しみやすい情報バラエティ番組が席巻している。こうした毒が薄いバラエティ番組は料理や家事など家庭的な話題を扱うことが多く、ママタレの需要は高い。だが、結婚、出産を終えて一線を引いた女性芸能人がママタレ業界に移行するケースが多く、その移ろいも早い。新年を迎えて、2017年に消えそうなママタレを挙げていきたい。

●第5位 木下優樹菜(29)

チョリース」の得意文句やおバカなキャラクターで一世を風靡。しかし、ママとなってからは、披露する子育てエピソードの内容がまともで案外しっかりしていることが分かった。

「以前のおバカキャラとのかい離が進む一方、ママとしてのエピソードは大して面白みがなく、ママタレとしての賞味期限は短そうです」(テレビ局関係者)

●第4位 上戸彩(31)

 子育てが一段落し、今年に入ってテレビでの露出が増えた。今年も『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)の司会を務めるも相変わらず語彙力が低く、原稿やカンペの棒読みが目立ち、伸び代のなさを改めて露呈。LDHを率いる夫のHIRO(47)は、レコード大賞でバーニングに1億円を付け届けたことが報じられて社長を辞任する羽目に。

「激ヤセも指摘され、大きな曲がり角を迎えています」(週刊誌記者)

●第3位 森高千里(47)

 歌番組を中心に活動し、フジテレビの歌謡番組では司会を務めるが、トーク力は今一つ。全盛期のころからも歌唱力には疑問符を持たれており、いまさら成長は期待できない。


あわせて読みたい

紗栄子のプロフィールを見る
デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「本命・紗栄子を抑えたのは?2017年消えそうな”ママタレ”ランキング」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    1位がオチとしちゃつまらんな、バラエティをちゃんと見て勉強せいや。

    17
  • 匿名さん 通報

    慎吾ママて。。この記事を書いたバカは、いったいいつの時代からテレビ見てないんだよ。。。。。

    16
  • 匿名さん 通報

    新年から笑わしてもらったわ〜最高マジうけるーこれでいい?

    5
この記事にコメントする

「紗栄子 + ダルビッシュ有」のおすすめ記事

「紗栄子 + ダルビッシュ有」のおすすめ記事をもっと見る

「紗栄子 + Instagram」のおすすめ記事

「紗栄子 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「misono」のニュース

次に読みたい関連記事「misono」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 紗栄子 Instagram
  2. 紗栄子 ダルビッシュ有
  3. 紗栄子 前澤友作

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。