半沢直樹の教訓か?新垣結衣「逃げ恥」続編をTBSが急ぐお家事情

半沢直樹の教訓か?新垣結衣「逃げ恥」続編をTBSが急ぐお家事情

 前クール、最終回20.8%を記録したドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。初回10.2%から始まり、回を重ねるごとに視聴率は上昇、「恋ダンス」は社会的現象を巻き起こした。

 このドラマに、早くも続編のが流れている。一部報道によれば、主演二人のスケジュール確保にTBSがすでに動きを見せているようなのだ。「このTBSのすばやい行動も納得」だと、テレビ局関係者は語る。

視聴率争いでは、日テレテレ朝がトップを競い、TBSがそれを追う構図。ドラマ部門だけみても、昨年のプライムタイムのドラマ視聴率はTBSが9.95%。対してテレ朝は13.68%と、圧倒的な差がある。『相棒』『ドクターX』の新シリーズがあったからですね。だからこそ、シリーズドラマが1本もないTBSは、なんとしても『逃げ恥』をシリーズ化して、視聴率争いに食い込みたい」

■腐っている過去の遺産の反省

 安定した視聴率が期待できるドラマのシリーズ化。TBSが急ぐには、もう1つ理由がある。

「ここ数年、TBSは『半沢直樹』『下町ロケット』『99.9 -刑事専門弁護士-』など、続編を作れば高視聴率が期待できる大ヒットドラマを作った。しかしどれもシリーズ化には至っていない。『逃げ恥』を超え、昨年のドラマ全体2位の視聴率を記録した『99.9』は、主演・松本潤(33)のスキャンダル報道の影響で当分は難しい。『半沢直樹』『下町ロケット』に関しても、主演の堺雅人(43)、阿部寛(52)との調整が難航して、続編は暗礁に乗り上げてしまった。TBSは、大ヒットドラマをシリーズ化できず腐らせているのが現状です。その苦い経験があるため、今回の『逃げ恥』は絶対に逃したくないはず」(前出・テレビ局関係者)

 果たしてTBSは『逃げ恥』を捕まえることができるのか。視聴者の期待も高いこの作品、もしシリーズ化が成功すれば、TBSにとって大きな武器になることは間違いない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

あわせて読みたい

気になるキーワード

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2017年1月16日の芸能総合記事
「半沢直樹の教訓か?新垣結衣「逃げ恥」続編をTBSが急ぐお家事情」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    松潤がチェリーで行き詰ってる役を見てみたい。 松潤が作詞作曲した主題歌で井上真央が可愛く踊る。 人の葬式でAV女優と出会って手をつける松潤だからこそ。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「下町ロケット」のニュース

次に読みたい関連記事「下町ロケット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルジャーノンに花束を」のニュース

次に読みたい関連記事「アルジャーノンに花束を」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。