キムタク『A LIFE』との違いは固定ファン?草なぎ剛の「嘘の戦争」第5話

キムタク『A LIFE』との違いは固定ファン?草なぎ剛の「嘘の戦争」第5話

 草なぎ剛(42)が主演を務める「嘘の戦争」第5話が7日に放送され、平均視聴率は11.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)となりました。視聴率はここまで、11~12%台を推移。今週、大幅ダウンを記録した木村拓哉(44)主演の『A LIFE』とは違い、ガッチリと固定ファンをつかんだようです。

 第5話は、30年前のOL殺害事件の首謀者・九島(平岳大)が復讐のターゲット。一ノ瀬浩一(草なぎ剛)はこれまで同様に彼の身辺を調査し、わなにかけることで罪を暴いて社会的な地位を奪いました。

 これで、残すは本丸の二科興三(市村正親)のみかと思いきや、追い詰められた九島は「恨むんだったら二科親子を恨めよ!」と口走ります。予想外の言葉に、「親子って?」といぶかる浩一。

 九島によれば、30年前にOLをナンパしたのが二科晃(安田顕)。彼女が死に至った際、晃は近くで見張りをしていただといいます。だからこそ二科興三は事件のもみ消しに必死だったんだと説明する九島。「30年前の一家殺しは、二科家の大事な長男を守るため、晃のためだ!」と叫びます。

 それを聞き、怒りに打ち震える浩一。ラスト近くでは、晃と野球をするために買っていたグローブを地面に投げつけるシーンもありました。どうやら浩一は、晃に対しては少なからず本気で好意を持っていた様子。突き詰めれば復讐のための道具でしかないのでしょうが、普通にいい奴だな、くらいの感情は持っていたはず。それが一転して、復讐すべき人間の一人だったと知った浩一の心の内は、いかばかりでしょうか。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 木村拓哉 SMAP
  2. 木村拓哉 ジャニーズ
  3. 木村拓哉 ドラマ
木村拓哉のプロフィールを見る
デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2017年2月8日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「木村拓哉 + ドラマ」のおすすめ記事

「木村拓哉 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「木村拓哉 + 視聴率」のおすすめ記事

「木村拓哉 + 視聴率」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「香取慎吾」のニュース

次に読みたい関連記事「香取慎吾」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。