菅田将暉や星野源は本命外?二階堂ふみに事務所公認の”新恋人”

菅田将暉や星野源は本命外?二階堂ふみに事務所公認の”新恋人”
       

 人気急上昇の女優・二階堂ふみ(22)の熱愛が発覚した。相手は、『MEN’S NON-NO』(集英社)の元モデルの倉強太(22)。写真週刊誌『フライデー』(講談社)が、二階堂ふみが肌着類を買い込んだ後、米倉強太の自宅マンションで1泊する一部始終を報じている。

「米倉は、モデル業と並行して多摩美術大で映像制作を専攻。制作会社を起業するなどアート性豊かな人物です」(週刊誌記者)

 米倉宅への送迎は、二階堂の事務所の乗用車を使用。事務所も公認の間柄のようで、親密ぶりをうかがわせる。二階堂といえば、同じマンションの住人の星野源(36)、ゲリラライブを行うバンド仲間で深夜の5時間デートも報じられたことがある菅田将暉(24)との熱愛が噂されてきたが、意中の相手は米倉だったようだ。

「過去にも新井浩文(38)や浅野忠信(43)との関係も伝えられています。どこか芸術家肌のある男が好みのようで、映像制作作家でありながらモデルもこなす米倉はうってつけの相手なのかもしれません」(芸能誌記者)

 女優業だけでなく、バラエティ番組にも積極的に出演。飾らないスタイルや当意即妙な受け答えが好評を博している。そんな二階堂の強みについて、テレビ局社員は次のように語る。

■スキャンダルにはならない奔放キャラ

「二階堂は2015年に20歳の若さで15歳差の新井との交際をスクープされました。世に出る矢先のタイミングでしたがダメージになりませんでした。その後も1年おきのペースで別の男性タレントとの熱愛が報じられていますが、人気に拍車がかかるばかり。その奔放さと肉食女子ぶりが人気の要因となっていて、男性との交際がスキャンダルにならないので、制作側も使いやすいのです」

 恋多き女ぶりをますます世間に印象付けた二階堂。自由気ままなキャラクター性で、熱愛スクープもものともせずに今後も躍進が続きそうだ。

文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)※1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、芸能界などの分野を幅広く取材している。主な著書に「警察のすべて」(宝島社刊・共著)がある。

あわせて読みたい

菅田将暉のプロフィールを見る
デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「菅田将暉」に関する記事

「菅田将暉」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「菅田将暉」の記事

次に読みたい「菅田将暉」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月11日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 菅田将暉 CM
  2. 菅田将暉 Instagram
  3. 菅田将暉 まちがいさがし

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。