【韓国内乱】最後は逮捕で去っていく”朴槿恵大統領”とは何だったのか?

【韓国内乱】最後は逮捕で去っていく”朴槿恵大統領”とは何だったのか?

 母親が暗殺され、急遽、留学中のフランスから帰国。大統領だった父(注1)のファーストレディ役を務めることになる。が、その父も1979年に暗殺されるなど、最初から彼女には悲劇の匂いが付きまとっていた。

 大韓民国第十八代大統領、朴槿恵氏(65)がついに逮捕された。韓国、いや東アジアにとって、彼女の4年に及ぶ治世は何だったのか──。

 今回、<大統領経験者から3人目の逮捕>とする報道が多かったが、前の二人(盧泰愚氏・84と全斗煥氏・86)は退任後のお縄。朴槿恵氏の場合は任期中に罷免され、失職した韓国史上初の大統領となってしまった(注2)。

 そこまで朴槿恵氏を追い詰めたのは、いわゆる崔順実(チェ・スンシル・60)疑惑。友人と称する怪しい女を国政に介入させ、その過程で収賄があったと認定されてのことだ。それが妥当かは韓国の司法を信じるしかない(注3)が、就任当初は60%を超える高い支持率を誇った彼女への国民の憎悪は、果たしてそれだけが原因だったのか?

「崔順実疑惑の前のセウォル号沈没事件へのまずい対応で、朴槿恵大統領株は急降下した。加えて韓国特有の国民感情もあって、支配層が失敗すると、いつも大衆とメディアがカサにかかって攻め立てる騒ぎになる。財閥令嬢を叩きまくった<ナッツリターン騒動>(注4)もそうだが、儒教的な上下関係が息苦しい社会だけに、上が下に落ちてくると異様な興奮状態に陥るケースが多い」(韓国通ジャーナリスト)


当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。