【プロ野球】1985年じゃない!? 「○○打線」の元祖、黒いユニフォームでおなじみの阪神・ダイナマイト打線!

【プロ野球】1985年じゃない!? 「○○打線」の元祖、黒いユニフォームでおなじみの阪神・ダイナマイト打線!

 5月23から25日にかけての阪神対巨人。「伝統の一戦 ~THE CLASSIC SERIES~」と銘打たれたカードで、阪神の選手は漆黒の復刻ユニフォームに身を包みプレーした。

 思わず二度見してしまう何とも違和感のあるユニフォームだが、近年ではおなじみになっており、「ダイナマイト打線」時代の復刻であることも認知されているだろう。

 阪神の「ダイナマイト打線」といえば、1985年に日本一になった打線がよく知られている。真弓明信、バース、掛布雅之、岡田彰布を擁して伝説的に打ちまくった。

 しかし、当時の阪神は漆黒のユニフォームではない。この復刻の元になっているのは、1948年から1949年にかけての大阪タイガース時代の「初代ダイナマイト打線」である。

 今年のユニフォーム発表で球団担当者は「ダイナマイト打線のイメージがあるので……」とコメントしているが、具体的にイメージできていたのかは定かではない。

 そんなわけで、聞いたことはあるけど知らない「初代ダイナマイト打線」のラインナップを調べてみた。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■1947年「ダイナマイト打線」主なスタメン

1(中堅):呉昌征
115試合:打率.267/1本塁打/28打点/40盗塁

2(右翼):塚本博睦
106試合/打率.300/0本塁打/34打点/17盗塁


あわせて読みたい

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2017年6月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。