ピース・綾部祐二がようやく渡米?さんまに報告も資質的に前途は多難か

ピース・綾部祐二がようやく渡米?さんまに報告も資質的に前途は多難か

〝行く行く詐欺〟に終止符か。昨年、アメリカ行きを発表していたお笑い芸人ピース綾部祐二(39)が、来週にも渡米することがわかった。明石家さんま(62)が7日のラジオ『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で明かしたモノで、綾部からアメリカ行きに関する報告があったという。

 綾部は昨年の10月8日に会見を開き、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動するとしていた。しかしその後、ビザの申請が難航。約1年を経て、ようやくアメリカ行きにこぎつけた。だが、アメリカ行きが決まったからといって安心とは言えない。

「綾部のそもそものアメリカ行きは、2015年に相方・又吉直樹(37)の芥川賞受賞が影響しています。又吉にばかりスポットライトがあたり、綾部の存在感が見るからに薄れていきました。こうした状況が続くなかで、活動の場をアメリカに求めたと見られています。アメリカ行きの発表当初は話題性もバッチリでしたが、あれからすでに2年。世間の興味も薄れていますし、ここで渡米してもさほど話題にもならないでしょう」(芸能関係者)

■綾部に襲いかかる不安要素

 日本国内での話題性とアメリカでの成功が別物との考えもあるが、そこにもまた不安要素はあるという。前出の芸能関係者が続ける。

「当然ですがアメリカで活躍するには英語は必須。しかし綾部は挨拶程度の英会話しかできないと言われています。今年5月にニューヨークのセントラルパークで開催された日米交流イベント『ジャパンデー』に出演したものの、会話がかみ合わずにシラケる場面も見られました。渡辺直美(29)はアメリカ留学で爆発的な人気を得ましたが、彼女には言葉の壁を越えるダンス芸があった。綾部にそうした芸はないので英語は必須。この1年で英語力を磨いているのかが心配です」

 ついに掴んだ夢のステージで、コメディアン・綾部祐二は輝くことができるのだろうか。注目していきたい。

文・橘カイト(たちばな・かいと)※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

あわせて読みたい

気になるキーワード

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2017年10月8日の芸能総合記事
「ピース・綾部祐二がようやく渡米?さんまに報告も資質的に前途は多難か」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    相方がBIGになったからね。無理しなくていいんだよ。その昔ビートきよしという芸人がいてね…。

    7
  • 匿名さん 通報

    そんなこんなで、人生終わるよ。行く行くギャグを一生かけてするなんて、プロだな!

    6
  • 匿名さん 通報

    ステマ野郎

    6
  • 匿名さん 通報

    既に成功して一財産築いてんだろうから無問題。

    6
  • キジトラ 通報

    やっと行くんだ。今まで何してたんだろ?まぁ、頑張って…

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「南海キャンディーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「南海キャンディーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「尾形貴弘」のニュース

次に読みたい関連記事「尾形貴弘」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「星田英利」のニュース

次に読みたい関連記事「星田英利」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。