ピース綾部、海外セレブと記念撮影三昧も…好調に見える渡米生活のカラクリ

ピース綾部、海外セレブと記念撮影三昧も…好調に見える渡米生活のカラクリ

 昨年10月にアメリカに渡ると宣言して日本中を驚かせたピース綾部祐二(39)が、意外にも好調なNY生活を送っているようだ。

「綾部が渡米後の初仕事として挑んだのは、統合型リゾート会社のPR動画の撮影です。もう海外の仕事をしているなんて、と話題になっています。そもそも綾部は『NYでビッグな俳優になりたい!』という夢を追いかける宣言をしたのが昨年10月のこと。今年の3月には渡米している話だったのですが、ビザの関係でこのタイミングになり、満を持して渡米しました。綾部は一時は売れっ子芸人でしたが、日本での活躍はもうある程度満足していたのと、相方の躍進を見て奮起したのでしょうね」(芸能記者)

■大物ツーショット写真の裏側

 綾部は渡米にあたりインスタグラムを開設しているが、そこにブリトニー・スピアーズ(35)、リンゴ・スター(77)など大物とのツーショット写真を次々と掲載。なぜいきなりそんな大物と? ということで、インスタフォロワーは37.5万人にまで増え、ファンを中心に話題が集まっている。

「あの綾部と大物のツーショットのカラクリは、ディズニーランドでキャラクターと写真を撮る『Meet&Greet』と同じですよ。お金を払えば大物セレブとツーショット写真が撮れるのです。ハグもしてくれますし、インスタにアップするのも自由。お金をある程度払ったと思いますが、日本人には『やっぱり綾部はすごい』とインパクトを与え、フォロワーを一気に伸ばしたのですから、安いもんですよね。リゾート会社の仕事も、日本にいる間に決定してから渡米したと思われるのですが、渡米してから仕事をゲットしたように受け取られています。そもそも、綾部は英語の勉強も今からやっているレベルなので、大物と出会っても会話は難しい。そして台本も読めないでしょうし、グローバルではなく現地から日本向けの仕事をするというのが、現在の目標ではないでしょうか」(キー局局員)

 順調なのか、それとも精一杯、見栄を張っているのか……。いずれにせよ、まだまだ注目の男であることは変わりなさそうだ。インスタを通じて何が起こるのか楽しみだ。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

あわせて読みたい

気になるキーワード

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2017年11月3日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「南海キャンディーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「南海キャンディーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「尾形貴弘」のニュース

次に読みたい関連記事「尾形貴弘」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「星田英利」のニュース

次に読みたい関連記事「星田英利」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。