今年も偏向とサヨク臭?どこよりも早い「2017年新語・流行語大賞」を大予測

今年も偏向とサヨク臭?どこよりも早い「2017年新語・流行語大賞」を大予測
拡大する(全2枚)

 早いもので、今年も残すところ2ヶ月を切った。この時期になると徐々に話題になってくるのが、<2017ユーキャン新語・流行語大賞>だ。実はすでに注目語という扱いで、上半期の候補10語が発表されている。

<インスタ映え>、<うんこ漢字ドリル>、<空前絶後の~>、<けものフレンズ>、<35億>、<忖度>、<ハンドスピナー>、<フェイクニュース>、<藤井フィーバー>、<メルカリ>。

 まあまあ、それほど違和感の無い言葉が並んでいる。これらは自由国民社の「現代用語の基礎知識」編集部が選出したもので、必ずしも<ユーキャン新語・流行語大賞>とは一致しない。が、毎年、同誌編集長が選考委員に入っているので、確度は高い。

 ひそみに倣って下半期の候補を挙げてみると、

<このハゲーーーーー>、<一線は超えてない>、<都民ファーストの会>、<ヒアリ>、<Jアラート>、<新しい地図>、<にゃんこスター>、<データ偽装>、<排除します>、<煽り運転>。

 ……といったところか。

 まずは恒例の「芸人枠」を考えてみる。一昨年の<安心してくだい、履いてますよ>、昨年の<PPAP>など、最も流行語っぽい言葉を生み出すジャンルだ。サンシャイン池崎の自己紹介フレーズ<空前絶後の~>や、秋の『キングオブコント』で注目された<にゃんこスター>では地味な印象はぬぐえない。やはりパロディにされまくったブルゾンちえみが最有力だろうか。彼女を象徴するのが<35億>というフレーズなのかは疑問だが……。流行語大賞受賞芸人は一発屋になるジンクス(注1)があるだけに、素直に受賞するかが注目される。


この記事の画像

「今年も偏向とサヨク臭?どこよりも早い「2017年新語・流行語大賞」を大予測」の画像1 「今年も偏向とサヨク臭?どこよりも早い「2017年新語・流行語大賞」を大予測」の画像2

当時の記事を読む

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「今年も偏向とサヨク臭?どこよりも早い「2017年新語・流行語大賞」を大予測」の みんなの反応 1
  • ノラ犬さん? 通報

    結局は流行したかどうかは関係なく、単なる選考委員の好みだろ?こんなのもうどうでも良い。やる価値もない。資格試験落ちたユーキャン死ね。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク