日本LGBT市場でゲイビジネスが不発なワケ(前編)

日本LGBT市場でゲイビジネスが不発なワケ(前編)

【ゲイリーマン発 日本のリアル】

 どうも、英司です。いろいろあった2014年もそろそろ終わりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 今回は、ここ数年にわかに盛り上がりを見せているLGBT市場の中の、ゲイをターゲットとした「ゲイビジネス」について、ゲイ当事者の目線から考えてみたいと思います。

日本の「LGBT市場」論に感じる違和感

 2010年くらいを境に、東洋経済やダイヤモンド等を中心としたビジネス誌が積極的にLGBT特集を組むようになり、それに付随する形で「LGBT向け●●」という商品やサービスの開発に挑戦する人たちも現れました。

 ただ、こうした「LGBT専用」を謳ったもので、アダルト系を除いて大きくマネタイズに成功した例は、まだほとんど見ることはありません。

 実際、こうした経済誌のレポートや記事を目にしても、当事者としてはどうもピントのズレた印象を受けています。今回は、ここに生じている「違和感」の正体を探ってみたいと思います。

LGBT市場はブルーオーシャンなのか?

 日本におけるLGBTを自覚する人口の割合は約5%強で、各種経済誌やシンクタンクによると、日本のLGBT市場は約6兆円前後の規模になるという試算が算出されています。

年間6兆円と言えば、ちょうどアルコール飲料の市場と同規模。そう考えると、なかなかの巨大市場であることが伺えます。

 このうち、筆者の属性であるゲイに関して言えば、一般的には何歳になっても独身男性と同じような金銭感覚ということになりますから、仕事でキャリアを積んで収入が上がっても、本来既婚男性が子どもへの養育に充てるお金を、ファッションや旅行、カルチャー、美容等の自己投資へかける傾向があり、この可処分所得の多さが、各種経済誌やマーケッターを熱くさせた原因の一つと考えられます。


あわせて読みたい

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。