「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

「井の頭公園バラバラ殺人」事件は“人違い殺人”だった【後編】

 1994年4月に発生し、多くの謎を残したまま2009年に公訴時効となった「井の頭公園バラバラ殺人事件」。4月で事件から21年、時効から6年が経つことになる。この事件は、発生当時から謎が多く、未解決事件としては「世田谷一家殺害事件」や「八王子スーパーナンペイ事件」と並んでミステリーが多いことで知られている。

 前回お伝えしたように、事件21年目にして判明した新事実があった。殺害された建築士のKさん(35歳=当時)は、「人違い」によって殺された可能性があるのだ。本来、被害者となるはずだったのは、顔も背格好も年齢も瓜二つの露店商・Aさんだった。一体、どういうことなのか。真相の核心に迫る!

時効から6年「井の頭公園バラバラ殺人」の驚くべき真相は判明【前編】

 1994年当時、日本の繁華街の至るところには、ヒッピー風のツーリストを装った外国人露店商がなぜか激増していた。その多くは某国の若者たちで、彼らは兵役を迎えるまでの間の余暇を利用して世界中を旅し、現地でにわか露天商をやっては、旅費を稼いで旅を続けるというスタイルで過ごしていたのである。今回、筆者はA氏に直接、当時の話を聞くことができた。

「当時、私は露店の仲間内ではいわばこの界隈では顔役だったんです。そうした中、外国人がいきなり現れたら商売敵でしかないよね。早い話が縄張り争いみたいなものが起きた。あいつらはルールも何も無視して、どこでも商売を始める。露店商とはいえ、ルールがあるからね」


あわせて読みたい

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月20日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。