【北朝鮮】高校生「爆薬密輸」で逮捕…アナ—キすぎる青少年犯罪事情

【北朝鮮】高校生「爆薬密輸」で逮捕…アナ—キすぎる青少年犯罪事情

 北朝鮮の青少年の間で麻薬が蔓延していることは、本連載でも継続的にレポートしている。背景には1990年代の大飢饉がある。学校に通えない子ども達が急激に増大し、彼らが「コチェビ」と呼ばれるストリートチルドレンとなって社会不安をもたらしたことがあるが、学校に通う高校生たちも彼らに負けず劣らず荒れているのだ。たとえば、金正日時代には高校生3人組が中国から爆薬を密輸する事件が起きている。

 事件の概要はこうだ。中朝国境に隣接する高等中学校(日本の高校にあたる)に通う高校生3人が、北朝鮮側の国境警備隊員とグルになって中国から爆薬10kgを密輸しようとした。手口はいたって稚拙で、爆薬を詰め込んだカバンをハンドキャリーで持ち込もうとしただけである。しかし、町の入口で検問を行っていた監視員により、あえなく逮捕されてしまった。

需要と供給を知り尽くした「学生市場」の存在

 この情報が町中に広まり、殺伐とした空気が漂うなか、なぜか今度は「彼らは、金正日の専用駅に通じる鉄橋を爆破しようとしていた」というウワサが流れた。これに最も敏感に反応したのが、現地の朝鮮労働党の関係者たちだった。金正日専用駅の鉄橋の爆破を目論んでいたとするなら、北朝鮮当局にすれば明らかな「反政府テロ」に相当するからだ。 

 労働党関係者にとって、最も大切なことは「権威を守ること」。つまり、彼らにとっては金日成、金正日、金正恩の権威を守ることが最大の使命であり、そこで失敗をすれば前途は失われる。地域の党幹部たちは、必死になって関係者を総動員し、金日成の銅像をはじめ金日成にまつわる関係施設の警備を強化したという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2015年6月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「監禁」のニュース

次に読みたい関連記事「監禁」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら