【東芝】歴代3社長が引責辞任! それでも“粉飾”と言われない理由

【東芝】歴代3社長が引責辞任! それでも“粉飾”と言われない理由

 東芝事件は、恒常的に、しかも歴代トップが指示して粉飾決算を行わせていたという点で衝撃的だった。

 第三者委員会の上田広一委員長(元東京高検検事長)は、「報告書」に西田厚聰相談役、佐々木則夫副会長、田中久雄社長という歴代3社長の発言を克明に記載。3氏は退任に追い込まれた。

 常識的に考えれば、次の展開は刑事責任の追及である。

 利益操作は2008年度から2014年度の4~12月期までで1562億円にのぼる。この間の東芝の税引き前利益は5650億円。3割も利益をかさ上げしていたわけで、証券市場に対する背信行為であるのはもちろん、この粉飾の数字を信じて資金を投じた投資家にとっては、十分に刑事罰に値する。

証取委が課徴金処分を決めた理由

 だが、強制調査の上で刑事告発の権限を持つ証券取引等監視委員会の腰が重い。課徴金を科す方向で検討に入ったという。

 マスコミ各社は、第三者委員会の「報告書」が出された7月21日以降、「課徴金処分へ」と報じたが、それは罰金で済ませて東芝経営陣の刑事責任を問わないことを意味する。独自調査をすることなく、証取委が課徴金処分を決めたのはなぜか。

 第一に、東芝のような売上高6兆円、従業員20万人の大企業を窮地に陥れたくないこと。第二に、株価頼みのアベノミクスを続ける安倍晋三政権を揺るがせたくないこと、である。

 つまり、「報告書」が歴代経営陣の責任に言及することで、社内取締役12名中8名が退任して東芝は“みそぎ”を済ませ、その姿勢を国は容認したことになる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2015年7月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら