横持ちは絶対NG…持ち方一つで凶器になる「傘」の危険性

横持ちは絶対NG…持ち方一つで凶器になる「傘」の危険性

 われわれの生活に身近な「傘」。台風や夕立などで傘が活躍する季節であり、夏の日差しを避けるために日傘を常用している人も多い。だが、あまりに身近すぎるゆえに傘の危険性に気付かず、重大事件に発展するケースが増えている。

サラリーマンの「傘殺人」…殺傷能力は十分

 6月26日深夜、55歳の会社員男性が傘で目を突かれて意識不明の重体になる事件が発生。刺したのは同僚である54歳のシステムエンジニアの男。被害男性を含む同僚4人で酒を飲んで帰宅する途中、東京駅付近の路上で仕事のことで口論になり、男の持っていた傘が被害者の左目に刺さった。

 男は傷害容疑で逮捕されたが、被害者の目に刺さった傘は脳まで到達。7月11日に被害者が亡くなり、容疑は傷害致死に切り替えられた。

 傘には十分な殺傷能力がある。2002年5月、広島県で55歳の男性が車の通行をめぐって33歳の男と口論になり、傘で顔を突き刺されて失血死する殺人事件が発生した。同年6月には愛知県で32歳の中学時代からの顔見知り同士が口論になり、犯人の男が被害者の顔を殴打。被害者が倒れると、近くの飲食店入り口の傘立てにあった傘で左のこめかみを突き刺し、死亡させた。

 子供同士の間でも事件は起こっており、2006年には岩手県で少年野球チームの合宿中に複数の小学生児童が折り畳み傘を振り回して「野球ごっこ」をしているうちに、傘が壊れて先端が抜け出て当時小学5年生の男子児童の右目に直撃。男子児童は右目を失明し、左目の視力も低下する被害に遭った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

デイリーニュースオンラインの記事をもっと見る 2015年7月28日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら