今、アメリカで起きている 「思想的リーダー」の台頭と言論市場の変容とは?

今、アメリカで起きている 「思想的リーダー」の台頭と言論市場の変容とは?
 今回は、ダニエル・W・ドレズナーの『思想的リーダーが世論を動かす』を紹介したい。原著のタイトルは“The Ideas Industry”(「思想産業」あるいは「言論産業」)で、「ペシミスト、党派主義者、超富裕層は言論の自由市場をどのように変容させているのか?」の副題がついている。

 著者のドレズナーは1968年生まれの49歳。タフツ大学国際政治学教授で、ワシントンポストの常連寄稿者でもある。政治的立場は「保守」だが反トランプで、2017年10月に共和党員を脱退している。

 そんなドレズナーがアメリカの言論市場を内側から観察・批評した本書は、私たちにとっても興味深い。なぜならほぼ同じ事態が日本でも起きているからだ。

思想的リーダーは、独自の思想によって社会に影響を与え動かしていく人

 本論に入る前に、いくつかの用語を説明しておこう。

 監修者である佐々木俊尚氏が解説で指摘しているように、本書のキーワードは「知識人」と「思想的リーダー」だ。

 知識人Public Intellectualsは「公共政策関連のさまざまな論点について意見を述べられるだけの知識や経験を備えた専門家」と定義され、一部にシンクタンクの研究員がいるもののその多くは大学の教員だ。

 それに対して思想的リーダーThought Leaderは「知的伝道者Intellectual Evangelist」で、「思想的リーダーが持っているのは一つの大きな思想だけだが、その思想が世界を変えると信じている」とされる。これは著者の造語ではなく、ニューヨーク・タイムズのコラムニスト、デビッド・ブルックスからは「野心を持った、船から船へと品物を売り歩くやり手の行商人」と揶揄されている。彼らは象牙の塔にこもって専門家しか読まない論文を書くのではなく、アカデミズムの周縁や外側で活動し、自らの思想を言論市場に投じる「ビジネスパーソン」でもある。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2018年4月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。