富士フイルムが米ゼロックス買収で 米国の「物言う株主」と大バトル!?

富士フイルムが米ゼロックス買収で 米国の「物言う株主」と大バトル!?

富士フイルムホールディングスによる、米ゼロックス買収が行き詰まっています。ゼロックスの株主にはカール・アイカーン氏など名うての「物言う株主」がおり、他も大半は機関投資家です。彼らに共同歩調を取られると買収が頓挫したり、大幅な譲歩を迫られる可能性もあります。モメにモメている企業買収の裏側を、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が追っています。

富士フィルムとゼロックスの関係と
富士ゼロックスを介した買収案とは

 まず、富士フイルムホールディングス(以下、富士フイルム)、富士ゼロックス、ゼロックスの関係について「歴史」を振り返っておきましょう。

 さて、1月31日に発表された富士フイルムによるゼロックスの買収案とは、次のようなものでした。

 富士フイルムは富士ゼロックスの企業価値を約9000億円と算定し、その75%から「6710億円」という数字を出したのでしょう。

 しかし、ゼロックスの時価総額は買収提案を発表した時点で約90億ドル(今年1月時点の為替レートで約1兆円)ありました。直前の急騰を見ると情報が「漏れていた」のかもしれませんが、50.1%を取得するにはプレミアムなども考慮して倍額以上が必要で、とても6710億円では足りません。

 そこで富士フイルムはゼロックスの株主に25億ドル(当時の為替で2700億円)の特別配当を支払うことでゼロックスの企業価値を引き下げ、何とか6710億円で収まるようにと考えたようです。


あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る 2018年5月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。